理系大学生のアンテナ

工学部大学生が圧倒的成長する方法を研究するブログメディア

大学生が筋トレをすべき8つの理由

ぜひフォローしてください

こんにちは、Soyaです。

f:id:daigakukabuu:20170616013714j:plain

↑これはSoyaではありません。

 

皆さん大学生が筋トレすることについてどう思いますか?

 

なんだかんだで忙しい大学生活のなかでわざわざ時間をさいて筋トレをすることに意義はあるのでしょうか。

 

私は元々ジムに通っていることが恥ずかしくて友人に言っていなかったのですが、最近はジムに通っていることはもちろんどんなことをやっているかといったことまで話すようになりました。

 

初めはいきなりジムに通うなんてどうしたの?と怪訝な顔をされますが、自分が筋トレしている理由や、ジム通いの生活がどんなものか話していると意外とみんな興味を持ってくれるものです。最近就活が終わった僕の友人が2人ジムに入会しました。

 

それでは私が実際ジムに通って感じた筋トレすることのメリットを紹介したいと思います。

 

 

健康的でたくましい体を手に入れることができる

筋トレをするわけですから当然一番の目的は筋肉をつけ身体を変身させることです。身体に筋肉がついてくるとTシャツ一枚でもかっこよくなります。どんな高い洋服よりも筋肉が最大のおしゃれです。当然ですがガリガリな人やおデブな人よりは身体が絞れている人のほうがモテます。自分磨きをしているわけですからね。

 

部活動のパフォーマンスが向上

私は大学で学友会の運動部に所属していますが当然筋トレを始めてからのほうがパフォーマンスが向上しました。筋トレをすると体が硬くなると思っている人もいるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。筋肉を伸縮させているのに硬くなるということはありません。

 

対ストレスに効果がある

特に運動部に所属していないという人や研究室に入って運動しなくなったという人にとっても運動することによってストレスを発散するという効果があります。筋トレならわざわざ公園や運動場に行かなくても街中のジムで汗をかくことができます。

 

自分の食べるものに興味を持つようになる

トレーニングというのは筋肉を破壊する作業であり大きくする作業ではありません。だから筋トレをしても十分な栄養を取らないと目に見える変化は起きないのです。筋トレを始めるとその効果を最大化するために栄養や自分の食べるものについて興味を持つようになるので結果的に自分の健康管理というのがよりできるようになります。

 

筋トレが趣味であると外国人受けがいい

日本では筋トレ人口はまだ少ないですが、海外特にアメリカの人はフィットネスに強い関心を持っています。ジムや学校のトレーニングルームでも留学生の姿をよく見ます。筋トレをやっている者同士は一目でわかりますし、外国の人と筋トレの話をするとすごく盛り上がります。

 

精神的に自信がつく

筋トレをするときれいな姿勢や肉体を手に入れることができるので外面に自信がついてきます。すると人と接するときにも今まで以上に自信をもってしゃべれるようになります。

 

精神的に強くなる

日ごろから自分を追い込む習慣がつくのでちょっとのつらいことでは簡単にくじけなくなります。なぜなら些細な悩み事よりも筋トレのほうが圧倒的に疲れるからです。個人的には今のところ研究室で波乱万丈の予感を感じていますが乗り越えられないことはないだろうという自信が勝手にあります。

 

生活リズムや仕事の効率が上がる

十分な睡眠や筋トレの時間を確保するために学校の課題や研究タスクに無駄な時間をかけられなくなるので今まで以上に集中して早く終わらせようという意識が強くなりました。タイムマネジメント能力がつくというのは学生生活において非常にいいことだと思います。

 

 

以上が今までの筋トレライフを通して思った筋トレすることのメリットです。ジムに通えばお金もかかりますがそれ以上に素晴らしい利益を得ることができると思うので、大学生の皆さんには筋トレを始めることを強くお勧めします。